英会話

英会話 - TODO

言い回しを5つご紹介。

○That +動詞

英文法といえば、S+ V形式! 主語+述語! なんて、「I」や「It」 をつけて主語+述語の形式にしなさい、って習ったよね。主語が省略されがちな日本語に対して、英語は主語をはっきりさせるのが特徴。でも、thatはあんまり使われなかったよね。

ところが、実際の会話ではこのThatをよく使います。

"That hurts" = "痛い!"

"That smells good!" = "いいにおいだね!"

など、なにを主語にしたらいいかがわからないとき、とりあえず使えるのがいいところ。便利ですよ!


(編集部)というわけで、早速とりあえず使ってみることにしましょう。That nice lifehack! Please click「続きを読む」。

 

○"long time no see"

訳は「ひさしぶり~」

"How do you do, Mr.Yamada?" "Fine thank you, and you?"

なんて挨拶、教科書の最初のページに必ず載ってたけれど、実際には、使ったためしがない。実際のあいさつのとき便利なのが、この"long time no see"って言い回し。

"Long time no see! ところでさ~"

みたいにスムーズに会話に入れますよ。

ただ、ちょっとカジュアルな言い回しなのでその点は気をつけて。

○"anyway"

訳は「とにかく」の意味。なんてことない言葉なんだけど、こういうのをはさむと、より感情が伝えやすくなる。場合に応じて、「どうせ」とか、「どのみち」とかいろいろ訳せます。

"Anyway try!" = "とにかくやってみようよ"

"Anyway,You are supposed to do"

= "とにかく、やらなきゃいけないのよ。"

"Anyway,He doesn't understand" = "どうせ、彼は理解しないよ"

日本語でも口癖のように"とにかく"なんて挟む人をたまに見かけるけれど...。

○"be supposed to"

訳は「~しなければならない」。これ、英熟語の暗記問題では、それほど重要視されなかったはずだけど...。口語ではしょっちゅう使われるし、実際にはもうちょっと意味も広い。「~しなくちゃ」とか「~なはずだ」とか、

"I am supposed to be back" = "もどらなくちゃ"

とか

"I am supposed to go to school tomorrow"

= "明日は学校へ行くはずだけど..."

同じ「~しなければならない」でも、"have to "とか"must"のように、切羽詰った感じは無くて、"そういう予定になっている"とか、"そういうはずだ"みたいにやや軽めの意味で使えます。

○"something like"

訳は「みたいな~」

"His name is Mr. Tanaka?,right" "Something like that"

="彼の名前田中さんだっけ?" "ああ、そんな名前だったよ。"

よくわからないときsomething likeを使っておくと、とりあえずなんかそんな感じ~ってニュアンスが出せるので、言い切りが苦手な日本人としてはとっても便利!

ちなみに日本語でも「みたいな~」の言い回しは増えているけど、アメリカでも若者を中心に"like~"表現が増えてるとのこと。断定したくない、ちょっとあいまいなままでいたい、っていう意思表示なのかもしれないね。

no title

Big appleにて

・「Adam's Apple」

のどぼとけのことです。Adamを付けるお決まりなので、「my Adam's apple」といいます。英語にはこのように、誰かわからない固有名詞がつく言い回しがいくつかあるんですよ。たとえば、「average Joe」(ごく普通の人)、「Dear John Letter」(女性から男性に向けたお別れの手紙)などです。


・「apples-to-apples comparison」(同一条件の比較)、

・「apples-to-oranges comparison」(異なる条件での比較)

この二つは、仕事上でも使いやすいフレーズですね。

no title

スはスペースのス

* A as in "apple"

* B as in "boy"

* C as in "car"

* D as in "dog"

* E as in "ear"

* F as in "flag"

* G as in "great"

* H as in "house"

* I as in "insect"

* J as in "joy"

* K as in "kind"

* L as in "light"

* M as in "magic"

* N as in "night"

* O as in "orchestra"

* P as in "people"

* Q as in "question"

* R as in "red"

* S as in "sure"

* T as in "truck"

* U as in "unique"

* V as in "video"

* W as in "wow"

* X as in "xerox"

* Y as in "yes"

* Z as in "zebra"

The Alphabet for Absolute Beginners
[Good Job!]
このグループのあしかつぶやき このグループのはてなブックマーク数